ここまでが自動広告

まかないブログ

オシャレで快適生活を目指します

落ち着く部屋を作る簡単部屋づくりポイント6選

在宅ワークやリモートワークによって家で仕事をすることも多くなってきています。

ですが、家の中で仕事や作業をするとどうにも集中できない・落ち着けないという

話はよく聞きます。そこでまずは部屋を見渡して環境を見直して見ましょう。

落ち着ける部屋にするのに大げさな模様替えなどは必要ありません。

ちょっとした見直しポイントを6つ紹介してみたので、

参考にしていただけると幸いです。

部屋を掃除・片付ける

f:id:makanai55:20220117155116j:plain

部屋中にゴミや物が散乱していては、落ち着いて仕事や作業に取り掛かれません。

部屋の隅でコンセントやケーブルが絡まっていたり、床に服やバッグなどが

無造作に置かれていたりしていないですか?

視界がスッキリしている、つまり部屋から入る情報量が少ない部屋は、

それだけで十分落ち着ける環境になります。

まずは掃除して部屋を整えましょう。

刺激の強い色は避け、落ち着く色をベースに部屋をまとめる

f:id:makanai55:20220117155035j:plain

部屋の色は、壁紙や床、家具の色、小物の色などの様々なもので構成されています。

それぞれに白、ベージュ、ピンク、赤、黄色と様々な色合いがあるので、

統一せず複数の色が乱立していると、くつろぐことができません。

特に刺激の強い赤などの色を多用して部屋をつくると、視覚的に刺激が強すぎて

いるだけでも疲れてしまいます。

自然の色を想起させるような色や、やわらかい色を選ぶと視覚的な刺激も少なく、

リラックスできる部屋に近づけることができます。

落ち着ける色合いとして茶色やベージュ系・グリーン系の色合いがあります。

部屋の色合いはくつろげる色をベースに作り上げてみましょう。

ちなみに白は落ち着いた色のイメージのある色ですが、白を基調にした部屋の場合

光を反射しやすいので部屋全体が眩しくなり、逆に目が疲れやすいですし、

圧迫感や緊張感を感じるなど、落ち着く部屋とは真逆に位置するので、

気をつけましょう。

簡単に部屋の雰囲気を変えるならばカーテンを変えるのもお勧めします。

窓際は部屋の主なスペースの一角でもありますので、ここが変わるだけでも

かなり雰囲気は変えることができます。

雑貨・小物を雑然と多く飾らない

f:id:makanai55:20220117154808j:plain

雑貨や小物をたくさん置いていたりするのも、あまりお勧めではありません。

部屋にアクセントとして置かれているものだとしても、数が多くなれば

その分部屋に色合いが追加されてしまいます。

色が多くなればその分だけ刺激として捉えてしまいます。

雑貨や小物は厳選したうえで少数精鋭で置くことを勧めます。

リラックスできる香りを取り入れる

f:id:makanai55:20220117153947j:plain
f:id:makanai55:20220117153956j:plain

部屋を飾る上でもにおいも大事な要素です。

香りからリラックス効果を与えて、気分を和ませればそれだけでも落ち着いた雰囲気を

演出することになります。

アロマディフューザーやお香などで部屋の雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか?

観葉植物を取り入れる

f:id:makanai55:20220117153649p:plain

人は植物を目にすると、脳波が「アルファ波」と呼ばれる状態に変化します。

アルファ波には筋肉の緊張状態をほぐしたり、血圧を下げたりする効果が認められてお

り、私達の身体をリラックス状態にしてくれれます。

「緑を見るとリラックスする」といわれるのは、アルファ波の働きによるためです。

ある研究機関によると観葉植物のある部屋でデスクワークをすると、眼精疲労が少なく

なることが証明されています。

他にも植物は光合成をおこなうので、空気清浄効果もあり癒し効果アイテムとして取り

入れてみるのもアリです。

目から入る情報を少なくする

f:id:makanai55:20211214123642j:plain

掃除のところでも話しましたが、視覚情報に関して人はとても敏感に反応します。

ですので、棚の中に物が詰まっているだけでもごちゃついていたり、

色が散漫に存在するとそこに注意が向きやすくなってしまいます。

そこで、棚の中を見せなくする方法として、籠の中に物を入れて整理したり、

棚の前面に扉やついたてを設置することで視覚情報を減らしてみましょう。

色あいも合わせるとより効果的です。

まとめ

手間や時間・お金をかければ他にも部屋を落ち着けるようにする方法は

いくらでも存在します。ですが、なるべく手ごろで簡単に落ち着いた環境を

整えるのだったらこの6つのポイントを押さえるだけでも

充分落ち着ける環境を作り上げることはできます。

そこから先は各個人が求める理想の形へ昇華していっていただければ

いいかなと思います。

使い勝手のいい部屋にする5つのポイント

部屋を片付けてきれいにできてからも整理収納続けていますか?

部屋を片付けることができたら、

今度は生活がしやすい環境になるように整えていきましょう。

今回は部屋を使いやすくするポイントを紹介したいと思います。

定期的に物をみなおす

f:id:makanai55:20220113165103p:plain

部屋がすっきり片付いても毎日の生活で物は常に入ってきます。

何もしていないといつの間にか誰の物かもわからないものが出てきてしまいます。

数か月に一度は必要な物なのか整理整頓を行ってものを増やさないようにしましょう。

上段部には重たいものは置かない

少し前までドライバーなどのDIY用具やお酒のビンをキッチン棚の上部戸棚に

まとめておいていました。

物自体は数が少ないのでここでもいいかなと考えていましたが、

作業をする際に戸棚からとるのは重くて面倒だったこと、

地震などがあったときに落ちてくる危険も考えて場所を変えました。

今はDIY用具は押し入れの一番下の段、お酒はコンロ下棚に移動して置いています。

f:id:makanai55:20220113164633j:plain
f:id:makanai55:20220113165206j:plain

 

あいた上部戸棚には紙袋のストックと説明書書等の書類をまとめておいています。

これなら落ちてきても大ケガにはなりませんので安心です。

f:id:makanai55:20220113164629j:plain

重い物や危険な物は下に置くようにしたほうが安全ですし、

カラーボックスなどの下段に重い物を置くと、カラーボックスが安定して

倒れにくくなります。

使用頻度が高い物は使いやすい場所を意識して配置する

f:id:makanai55:20220113164623j:plain

よく使用する物は使いやすい高さに設置します。

使いやすい範囲はだいたい上半身より上から頭あたりまでの高さを目安に考えて

組み立ててみてください。

使用頻度が高いものを使いやすい高さに配置し、ワンタッチで取り出せるようにすれば

効率よく作業をこなせるようになります。

関連する物は同じ場所におく

使用する際に使用する各アイテムがバラバラの場所に置かれていては

作業を始めるまでに取りに行くという時間が生じてしまいます。

筆記用具類やハサミ・カッターなどのセットで使用する事が多い物は、

一式まとめて収納場所を確保する方が効率的です。

我が家の場合はペン入れにまとめて入っている状態です。

f:id:makanai55:20220113164626j:plain

直置きしない

f:id:makanai55:20220113164620j:plain

物が床にあると部屋のスペースも取られますし、掃除など作業をする際に

一度物をどける作業をしなくてはならなくなり、手間がかかります。

服やバックなど置く場所を定めて、定位置に置くようにします。

服も脱いで床に置かずにフックにかけるようにしましょう。

コンセント周りもできれば配線をたらさずに配線カバーなどを使用して

スッキリしとさせたほうが掃除もしやすいです。

まとめ

一つ一つはたいしたこともないことですが、チリも積もればです。

名前のない家事に時間を取られずに目的の作業に移れると

とても気持ちよく始められます。

 

新しいLEDキャンドル「ENKOINDDLE(エンキンドル)」はルミナラよりもお買い得!?

ルミナラを販売しているカメヤマキャンドルハウスから新しいタイプの

LEDキャンドル」「ENKOINDDLE(エンキンドル)」があることを最近知りました。

こちらのほうがよりリアルになったということで紹介してみたいと思います。

ENKOINDDLE(エンキンドル)とは

f:id:makanai55:20211228112832j:plain

2018年7月より日本で正式にデビューした新しいLEDキャンドル

「ENKINDDLE(エンキンドル)」

電磁石による磁力の反発を利用したゆらぎと、

色と光の強弱で、360°どの角度から見てもリアルな立体型の炎を再現した

LEDキャンドルライトです。

パラフィンワックス(ロウ)素材の本体に、キャンドルカラーの

LEDライト(色温度1700K-2300K)を使用しており

とてもリアリティのある存在感を出しています。
また、国際特許(EUアメリカ、中国、日本)取得をしており

リアルにゆらめく炎形の3D LED(ヘッド部分)は、タイマーによって自動消灯/再点灯

ができ、リモコン操作で複数のキャンドルを一斉にオン/オフすることも可能です。

種類

f:id:makanai55:20211228112915j:plain
f:id:makanai55:20211228113007j:plain

ラスティックピラーとゴールドピラーの2種類があり

ラスティックピラータイプは全4色(ブラック・アイボリー・ホワイト・ブラウン)

サイズは大・中・小の3サイズがあります。

(サイズは高さのみの違いで蝋部分の大きさに違いはありません。)

全タイプ無香タイプです。

小が直径7.6cm×高さ13.5cm

中が直径7.6cm×高さ18.5cm

大が直径7.6cm×高さ23.5cm

炎の動きは動画を見ていただいたほうがより分かりやすいかもしれませんが、

本物の炎のような動きですね。


www.youtube.com

ルミナラとの違い

ルミナラとの違いは匂いがエンキンドルは全て無香タイプであること、

炎の形がよりリアルな動きをすることです。

その他の部分ではあまり大きく違いはないように感じます。

タイマー機能もありますし、お値段もそこまでおおきな金額の差もありません。

エンキンドルの方が炎の動きがよりリアル寄りになったことで、

新しく買う方はこちらの方がより魅力的にかんじるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

レシートアプリ「CODE(コード)」感想。作業が面倒なのがネック

最近、レシートを撮影して送付するだけで、お小遣いが稼げるレシートアプリが

有名になってきましたね。

いろいろとアプリをみてみると「CODE(コード)」というレシートアプリが

使いやすくてポイントもたまりやすい評価だったので、

実際に使用してみた感想を書いてみます。

CODE(コード)とは

f:id:makanai55:20211227104600j:plain

CODE(コード)は、レシートと商品バーコードを撮影すると

ポイントが貯まるお小遣いアプリです。

いつも買い物でもらうレシートがお金に変わるという非常に画期的なサービスです。

また、CODEではスキャンしたレシートを自動的に家計簿にしてくれる

家計簿機能もあるので、毎月いくらの出費があるのかを習慣的に把握することも

できます。

使用方法はレシートを撮影し、購入した商品のバーコードをスキャンすると

ポイントがもらえます。

f:id:makanai55:20211227104558j:plain
f:id:makanai55:20211227104556j:plain
f:id:makanai55:20211227104552j:plain

1枚のレシートでも商品が多いとそのぶんポイントが入ってくることがあるので、

他社のコードスキャンアプリよりもポイントがもらえることがあるのが魅力です。

実際に使ってみた感想

正直自分には合いませんでした。おすすめできません。

理由はもらえるポイントと作業効率で割が合わないためです。

おすすめできないポイントは3つです。

ポイント還元率が悪い

レシート一枚でポイントが決まるのではなく、各商品ごとに

ポイントが入るか入らないかが決まってくるので、

ポイントの入ってくる数が未知数になります。

1商品につき必ず1ポイントがつくのだったらいいのですが、

たくさん買ったとしても10ポイント程度しかならないこともざらにあり、

たくさんの商品をわざわざ全てスキャンする手間がかかる上に

ポイントが入らないこともあるので、やる気がうせてしまいました。

商品スキャンが面倒

ポイントを獲得するには商品のスキャンが必須になるため、

買った商品を毎回バーコードスキャンしなければいけません。

これが地味に面倒です。商品数が5個くらいならやる気にもなりますが、

私は買い物をまとめて買うタイプなので、商品のスキャンに

すごく労力をかけることになりました。

いっそのこと商品数に応じてレシート1枚で最大で10ポイント獲得くらいの方が

気楽に続けられたかもしれません。

ラッキーエッグは当たらない

ラッキーエッグとはコード内でもらえる開催される懸賞で、あたるとポイントや

商品などがもらえたりするのですが、この懸賞がまずあたりません。

半年近く使ってみましたが一度も当たることはありませんでした。

やるだけ無駄です。

まとめ

CODEは他社のレシートアプリよりもポイントは多くもらえるかもしれません。

その分入力する手間が増えるため、手軽とはちょっと言えないかなと感じました。

このアプリの評価の別れるところは作業が面倒に感じずに許容できるかです。

約1ヶ月で100円くらいはちゃんとスキャンしていれば入ってきていたので、

このポイントが多いか少ないかは個人の感覚で判断していただきたいと思います。

私は作業が多いわりにはもらえるポイントが少なく感じたので、

300円分のポイントを交換したらやめてしまいました。

 

 

 

100均でつくる簡単棚用ついたて

カラーボックスなどの棚の中がきになるなーって思ったことはありませんか?

本が置いてあったり色々な雑多なものが棚の中に入っていると

目に入るたびに集中の妨げになったりします。

100均で簡単につくれるついたてをご紹介します。

準備する物

使用する物は全て100均で買ったものです。

・ブックエンド

f:id:makanai55:20211214123524j:plain

・発泡スチロールボード

f:id:makanai55:20211214123513j:plain

・マスキングテープ(黒)

f:id:makanai55:20211214123518j:plain

・リメイクシート

f:id:makanai55:20211214123532j:plain

作り方

1発泡スチロールボードを棚幅の大きさに切断します。

f:id:makanai55:20211214123513j:plain

2発泡スチロールが欠けて落ちないようにするために

 ボードの側面全てにマスキングテープをはります。

f:id:makanai55:20211214123540j:plain

3発泡スチロールボード正面にリメイクシートをはり、

背面にブックエンドを貼り付けて完成です。

f:id:makanai55:20211214123545j:plain

※背面も何か貼り付けた方が発泡スチロールが欠ける心配がなくなるので、

手間をかけられるなら貼ったほうがいいと思います。

f:id:makanai55:20211214123630j:plain

比較と感想

f:id:makanai55:20211214123742j:plain
f:id:makanai55:20211214123642j:plain

棚の上部が見えるように棚の高さギリギリにせず、空間があります。

隙間から見えるようにすることで、ついたてをとらなくても確認できるからです。

棚の色と近いリメイクシートを選んだので、違和感はあまりないように感じます。

ついたてを置いたことで、辞書が置いてあった場所がすっきりした印象になりました。

 

スマホの中もミニマルにする

スマホの中も気が付くと色々なアプリがいっぱい入っていたりしますよね。

それらすべてを使用しているわけではないけど、なんとなく捨てづらいというのは

家のモノと一緒だったりします。

スマホもミニマルにすればより使いやすいスマホにできるはずです。

基本は家の片付けと一緒

f:id:makanai55:20211210145823p:plain

片付けの基本は、物の量を見直しすることから始まります。

スマホの中のアプリを片づけるのも、クローゼットに詰め込んだ服や

物を片づけるのも基本は同じです。

まずはアプリをみて、半年以内に使ったかどうかを基準に、

必要なアプリか不要なアプリかを分けてみましょう。

不要なものはどんどんアンインストールしましょう。

使っているアプリはすぐにわかるはずです。

半年以内に使用したかどうか思い出せなければそれは不要な物として削除しても

大丈夫です。思い出せない時点であまり使ってないものなので、

必要になったときに再度入手するようにしましょう。

既存アプリも必要なければ削除

f:id:makanai55:20211210145554p:plain

スマホの中には最初から入っているアプリも結構存在します。

これらの既存のアプリも自分にとって必要でないのならば、捨ててしまいましょう。

標準アプリも再インストール可能なので、必要になったらまた入れなおせばいいので、

気にせず消していきましょう

アプリの配置とフォルダ分け

f:id:makanai55:20211210145758p:plain

不要な物を捨てたら、アプリの適切な配置を考えていきましょう

使用頻度が高い物は扱いやすい位置に配置しておくとアクション数が少なくなり、

操作しやすくなります。

アプリの配置する際のポイントをまとめてみました。

1画面に収める

f:id:makanai55:20211210145146j:plain

アプリを1画面にまとめるメリットは必要な情報を瞬時に把握できるため、

操作効率が上がるからです。

フォルダーアプリをまとめる時も、一目で中身がわかるように1画面にまとまる量に

しておくとフォルダに何が入っているのかも一目でわかります。

フォルダの中にアプリをたくさん入れすぎると画面スワイプして探すことになるため、

なるべく9個くらいにフォルダに入れる数を厳選したほうが見やすいです。

使用頻度が高いものは親指で触りやすい位置に配置

f:id:makanai55:20211210145149j:plain

使いやすい場所は利き手によって場所は異なると思いますが、

私の場合は左手で操作するので、左側の親指が触れやすい位置が

一番使いやすい位置になります。

ここ以外に使用頻度が高い物は一番下の位置に置いています。

使用頻度が低いものは親指から遠くに配置

f:id:makanai55:20211210145151j:plain
f:id:makanai55:20211210145153j:plain

親指から離れる分だけアプリへのタッチがしずらくなるので、使用頻度が低いものを

ならべるように設定していきます。

細かい微調整は使用しながら考える

ある程度は慣れの部分もありますが、使いづらいようなら操作しながら的確な位置を

見つけていってください。

また、趣味や生活が変わることで画面の位置は変わってきますので、その都度

場所は変えてみましょう。

【まとめ】

作業で一番の無駄は探し物を探す時間です。物もアプリも瞬時に把握することが

できれば探す時間も必要なくなります。

効率よく操作がしやすい環境はシンプルです。

必要な物だけを選び自分の好みに配置した環境を整えることです。

 

 

ミニマムに暮らすための5つのルール

なるべく物を少なくして生活するためのポイントを押さえてみました。

よかったら参考にしてみてください。

ルール1 見える化で物の場所を明確に

f:id:makanai55:20211210100903j:plain

だれがみてもわかるようにラベル等を使って定位置を明確にしましょう。

みんなが分かれば物が迷子になることもぐっと減るはずです。

ルール2 数値化で必要な量を知る

f:id:makanai55:20211210100918j:plain

物を増やさないためにはまず持つものの数を設定しましょう。
ストックを買い込みすぎて収納を圧迫することもなくなります。
できるならば収納スペースに必要数を明記してもいいです。

ルール3 収納は増やさない

f:id:makanai55:20211210100900j:plain

収納が多いことは一見いいことのように見えます。

ですが、収納スペースがあれば、あるだけ使ってしまうのが人間の性です。

収納アイテムもフル活用せず、収納スペースも押し入れ全部を収納スペースとは

とらえず、収納に使うスペースは8割程度までときめ、

それ以上は物が増えないようにしましょう。

ルール4 書類の80%は処分する

f:id:makanai55:20211210100909j:plain

色々と残しておきたくなるのが書類関係ですが、

本当に必要な物だけをファイリングして保存するようにしましょう。

DMやこどものお便りなどはその場で確認し、その日に保管か捨てるのか

判断してしまいましょう。

ルール5 疲れていても管理できる量にする

f:id:makanai55:20211210100922j:plain

仕事をしながら整理もとなると、どうしても難しいことはあります。

ですので、完璧を目指すのではなく、ある程度は「ここにいれればOK」くらいの

ざっくり収納でも、きれいにできるように量を調整しておきましょう。

毎日の片付けを完璧にしていたら疲れてしまいます。

【まとめ】

どれもそれほど難しいものではなく、ある程度実践できるものばかりです。

お役に立てたら幸いです。

 

 

使っていないけどずっと置いてある物を処分する判断基準

家の中で使っていないけれど、捨てるのにはもったいないと思って

いつまでも捨てられないようなものを判断する基準を設けてみましょう。

判断基準が明確ならば捨てるのも容易になるはずです。

種類別ごとに紹介していきます。

キッチン

f:id:makanai55:20211206153059j:plain

・お玉やザルなどで定数を定め、それ以上ある分は捨てましょう。

かわいいデザインでつい買ってしまったお玉やキッチン用品が

だぶついていたりしませんか?

お玉は1つに決めて、ザルは大中小各1づつなど定数を決めてしまいましょう。

・1年を通して使わなかった調理器具

一年通して使用しないものは基本その家では不要であると認識しておきましょう。

・流行りで購入したもの・使い道が限られている調理家電

使い道が限られていると使用する場面も限られてきます。

それにそれがなくても料理に困ることがない場合もあります。

・においや色が取れなくなった保存容器

切り替え時期だと判断して捨てましょう。

・コーティングがはがれたフライパンや劣化した調理器具

こちらも機能が衰えてしまったものは切り替えたほうが使い勝手も上がります。

子供のもの

f:id:makanai55:20211206153615j:plain

・サイズアウトした子供服・シミや黄ばみが目立つ服

特に小さいお子さんの成長は早いので、すぐにサイズアウトしてしまいますよね。

ワンシーズンを目安に切り替えることを考えた服のサイズの選び方にするのもいいかも

しれません。

f:id:makanai55:20211206153856j:plain

・子供が興味を示さなくなったおもちゃ

なかなか判断が難しいですが、お子さんと一緒に話しをして決めていきましょう。

・パーツが紛失・破壊したおもちゃ

壊れているおもちゃを触ってけがをする場合もあります。危険な物は

なるべくなくしておきましょう

・思い入れが低い制作物

1年を通してたくさんの制作物をもってきますが、それらを全て

保管することはできません。行事ものなどはある程度掲示しておく期限を決めて

捨てるようにしましょう。

趣味の物

f:id:makanai55:20211206153210j:plain

・現在興味を失ったもの

・使っていない辞書や本

・過去に使ったきりで開いていない旅行の本

・買ったまま見ていない本・DVDなど

どれも現在必要としていない物ばかりなので、あとは、本人の気持ち一つです。

洋服

f:id:makanai55:20211206153237j:plain

・好みだけど使用感が激しい服

・1年以上着ていない服(礼服以外)

・着ていないが高かった服

・体形にあっていない服

・シミや汚れがある服

・きつかったり、歩きにくかったりとなにか問題がある服

服に関しては基本的にその服を着ると何かしら問題がおきるものは

普段からその服を選ばなくなっているはずです。

そういった服は一度処分してみると案外スッキリしたりします。

これ以上物を増やさないようにするには

・人からのもらい物は不要なら断る

こどもの服やおもちゃなどのおさがりは使いまわせたりしますが、

人からのもらい物はあんがい自分の好みに合わない物が多いです。

もらわないと角が立つなどと気にしてもらっていたらいつまでも物は減らないし、

片付きません。丁重にお断りしましょう。

大切なのは今の自分にとって必要かどうかです。

【まとめ】

判断基準をもうけることで、モノへの接し方もだいぶ変わるはずです。

なによりもいらないものは持たないように心がけるのが大切です。

郵便ポストの中にチラシ・DMを入ってこないようにする

郵便ポストの中の必要な郵便物と、不要なチラシを分ける作業って、

結構大変ではないですか?

いらないものは最初から ひとつも持ち込みたくありませんよね。

簡単な方法を紹介いたします。

ポストにシール

ポストに「チラシ・DMの無断投函お断り」というシールを貼りましょう。

f:id:makanai55:20211206094308j:plain

(マンションの場合、ポストは共用部分になるので管理会社の承諾が必要です)

信じられないと思いますが、これだけで、チラシ・DMが激減します。

このシールを貼ってから入っていたチラシは、ほとんどありません。

どうやら、これを貼っている家には投函しないように、指導されているようです。

ものを増やしたくないなら、こういうアピールも必要です。