ここまでが自動広告

まかないブログ

オシャレで快適生活を目指します

黒枠テレビのフレームリメイクはおすすめできない理由

テレビのフレームですが、最近は黒が主流になったのかなという印象ですが、

かつてシルバーがテレビ本体のカラーのトレンドだった時期もありました。

シルバーや黒、悪目立ちしないシンプルなカラーがテレビでは

トレンドになりやすい傾向にあります。

なぜ他の色がよりテレビフレームにシルバーや黒が使われることが多い理由と

私自身の黒から白にフレームを変えようとして作業途中でやめた理由を

紹介してみたいと思います。

テレビのフレームに黒やシルバーが多いのはなぜか

大きなサイズのテレビはシンプルな色が好まれます。

特に黒やシルバーなどの色が多く存在しています。

これはサイズが大きなテレビは部屋の中での存在感も大きく、

存在感の大きなテレビのカラーが赤やオレンジなどの色だと、

フレームが目立ってしまって視るときに気が散りがちになりますし、

部屋の中の雰囲気にも大きく影響します。

大型テレビのテレビフレームの色はシルバーや黒といったシンプルで

悪目立ちしない色が好まれるようです。

逆に小さいテレビでは他カラーも人気がある

大型テレビではシンプルなカラーのテレビフレームが好まれますが、

小さなテレビでは色を主張するものもあります。

ピンクや赤、青といった有彩色も人気で、

テレビをお部屋のインテリアのひとつと捉えている方も多いようです。

私が白フレームへの切り替えをやめた理由

我が家で使用しているテレビというかモニターは

45インチサイズで色は黒フレームの壁掛けタイプです。

家の壁紙が白に近い色なので、モニターの枠だけでも白くしたら

部屋の統一感が出るかもしれないと考えて、4辺のうち右辺と上辺だけを

白マスキングテープを使ってフレームを白くしてみました。

途中経過で気づいたことですが、我が家のモニターはそもそも4辺の枠が

すごく狭いものだったため、テレビの枠部分が白くなっても、

テレビの存在感は変わることはなく、むしろ枠だけ白くしたことで

黒い画面がより強調されているように感じました。

そもそもテレビがついていない時は画面が黒なので、

例えフレーム分白くなったところでテレビの存在感は

ほぼほぼ変わることがありません。

テレビの画面部の色が変えられない限り、大きな変化は起こせないと考え、

作業は途中で止めてしまいました。

まとめ

部屋の統一感を高めようといろいろと考えたなかで、

テレビのフレームが頭に出てきたのですが、結果としては

大きな成果を得られることができないという理由でやめてしまいました。

しかし、通常のテレビであればフレームを変えるだけでも一回りくらいは

テレビのフレーム分印象を変えることができるのかもしれません。

本当に少しでも変化がほしいというのであれば

試してみてもいいかもしれません。

 

 

【簡単】コンパクトテーブルの天板を簡単に使える物にしてみました。

先日購入したダイソーのコンパクトテーブルですが、使いづらい所が見えてきました。

それは天板のテンションが緩くてテーブルとして機能しないということです。

コンパクトテーブル自体がだいぶまえに販売された物なので、

天板の問題はたくさんの天板の作り方が動画などで紹介されています。

ですが、木ダボやガイロープを使用するなど、DIY初心者には難しそうな

加工が施されているのはほとんどです。

今回作ったものはその中でも加工工程が一番簡単で手軽にできる天板加工のものです。

コンパクトテーブルの問題点

・缶をいれるメッシュ穴部が薄くてすぐ破けそう

・軽すぎて強い風が吹いたら吹き飛ばされそう

・天板が不安定すぎる

天板が布なので強度的に不安な部分もありますがなによりも、

ゴム止め止めても天板がしなってしまうテンションが弱いことが問題です。

重い物を乗せると中心によってしまうので、うかつにコップなどを置いたら

いつ転倒するか不安で置くのをためらいます。

他の問題点より一番の問題は天板がなにより問題です。

コンパクトテーブルに天板を追加加工

準備する物

・木製角材2P 45㎝

・木板 焼き目付 45㎝×15㎝ 3枚

・面ファスナー(裁縫用) 5枚

・接着剤

・他にも塗装用具と黒色を使用しますがこちらは自前です。

購入したものは全てセリアさんで準備いたしました。

作業工程

①コンパクトテーブル天板に面ファスナーを貼り付け。

4辺のうち平行の2辺に面ファスナーをつけます。

この際に粘着強度に不安があるようならばホチキスを使って

天板と面ファスナーを止めるのと強度がアップします。

出っ張った面ファスナーはハサミで調整してください。

 

②天板に使用しなかった方の面ファスナーを角材につけます。

こちらも少し面ファスナーが余りますので、切って調整してください。

③角材を黒く塗装します。

④面ファスナーを小さく切ります。

 

木板に面ファスナーを小さく切って1つの板に対し4つ角部に貼り付けます。

⑤対になる面ファスナーを角材に貼ります。

位置は木板に貼り付けた面ファスナー位置に合わせてください。

これで完成です。

天板の追加+組み立て方

①テーブルを開いた状態にてから角材を面ファスナーの所にくっつけます。

角材を上から少し押すとテーブルが張るような状態になるので、その状態で
面ファスナーをくっつければテーブルの張りがいい状態になります。
反対側も同じように行ってください。

②木板を上から四隅に合わせた面ファスナー上に置いていきます。

最後に上から軽くおさえてファスナー同士をくっつけたら完成です。

まとめ

取り付け・取り外しが簡単にできる天板が完成しました。

これで机の上にも物を安心して物を置くことができるようになりました。

天板を追加したことで問題点は解決したのですが、一つ気づいたことがあります。

準備段階ですでに気が付いていたんですが、コンパクトテーブルを+天板用の準備物を

購入すると既製品の安く買えるコンパクトテーブルと同額くらいになってしまいます。

これなら安い既製品のテーブルを買った方が良かったのかなとも思ってしまいました。

自分で作るのがすきな人や、コンパクトテーブルを購入したがどうにもならないと

困っていたら参考にしてみてください。

ちなみに簡単な天板の作り方はこちらの動画をみて作りました。


www.youtube.com

 

 

 

 

【簡単】ウォールポケットでテーブル脇にリモコン置き場を作ってみました

リビングにあるテーブルの上ってリモコン類が散乱しがちですよね。

我が家もローテーブルの上に置いてあるのが常でした。

そこで、リモコン置場をテーブル横に作ってみました。

ちなみにこれが何も置いてない状態のローテーブルです。

この状態をキープするのはかなり難しいです。

リモコン置場

準備する物

・ウォールポケット

・面ファスナー(粘着タイプ)

どちらもダイソーで購入しました。

作業工程

本当は一個だけポケットのついているウォールポケットを買いに行ったのですが、

いいのが見つからずにこちらのウォールポケットにしました。

下に2つのフックがついていますが、下の方はいらないので、

裏面を面ファスナーでくっつけてしまいます。

そして、天板を外したところにも面ファスナーをつけて、

ウォールポケットがつけられるようにします。

ウォールポケットについていたフックをウォールポケットの上部にある紐に

引っ掛けます。

これで完成です。しっかりと2個のリモコンが入っています。

あとは天板をもとに戻します。

天板の位置ギリギリでリモコンがぶつかっていません。

まとめ

使用するリモコンはテレビ用の2個までに絞り込んでいたので

元々紛失したりすることは少なかったですが、

置き場ができたことで置きっぱなしにすることは減りました。

取り出しも簡単なので、あとは置き場に慣れてリモコンを元に戻せるように

習慣化できるようにして行きたいです。

ダイソーコンパクトテーブルをベランダ用として吊るす収納にしてみました。

先日 ダイソーで売られているコンパクトテーブルを購入しました。

550円にしては使いやすいテーブルなんですが、狭いベランダに収納するには

どうしたらいいか考えたすえに、ベランダに吊るす収納にしてみました。

ダイソーのコンパクトテーブル

ダイソーで販売しているキャンプ用おりたたみテーブルです。

コンパクトテーブル ブラック | 【公式】DAISO(ダイソー)ネットストア

商品サイズ:45cm×45cm×43cm

収納時の長さ:約60㎝

金額:550円(税込)

重さ:約1㎏

耐荷重:10kg

甲板の表面材:ポリエステル

構造部材:金属(鋼)、ポリプロピレン樹脂

表面加工:エポキシ樹脂塗装

収納袋:ポリエステル

特徴:ドリンクホルダー付きの折りたたみテーブル

足元に付いているゴムをそれぞれ天面のすぐ下にあるネジの部分に

引っ掛けて留めることで、天面のテンションを高めてコンパクトテーブルの

ガタつきをなくし使用する事ができる。

値段が他社よりも圧倒的に安い

同様の形状テーブルは色々と販売されていますが、

お値段はここまで安くはなりません。

やすくてもこちらの2倍以上は軽くいきます。

お金を掛けられない者からしたらありがたい存在です。

悪い点

天板部が布のため安定感に欠けます。備え付けのゴムでテンションを上げても

天板がしっかり張るわけではないので、

カップ類を天板に直接置くのはやめた方がいいです。


吊るす収納のやるかた

準備する物

・コンパクトテーブル

 

・何度も貼ってはがせるフィルムフック(耐荷重3キロ)

やり方

やり方はいたって簡単です。

フィルムフックをベランダ側のガラス扉に貼り付けるだけです。

注意点:フィルムフックには耐荷重が商品ごとに異なります。

コンパクトテーブルの重量は約1㎏あるので、

念のため、耐荷重3㎏までのフィルムフックを使用しています。

まとめ

床に置いておくとスペースがもったいないと感じられていたテーブルも

吊るす収納をすればそれだけスペースが有効に使用できます。

ただ、今回のコンパクトテーブルについて1つだけ不満点があります。

ゴムで引っ張って少しでもテンションをかけて強度を出そうとしているが

ハリが足りず、天板部にたるみができてしまい、かなり使いにくいのが難点です。

今度はコンパクトテーブルの天板を改造してみたいと思います。

ダイソーのドライバッグ(防水バッグ)をベランダ用日常品として使ってみました

今回はダイソーのドライバッグことレジャー用防水バッグをレビューします。

こちらの商品はキャンプ用品としてよく紹介されていますが、

私の場合は日常生活で使用したやり方を紹介しているので、

よかったら参考にしてみてください。

ドライバッグ(防水バッグ)とは

 

ドライバッグ(防水バッグ)とは防水機能のある袋のことです。

防水機能があるので、濡れたものを中に入れても外に水が漏れず、

濡れた衣類や小物の持ち運びをすることができます。

また、カメラやスマホの様に濡らしたくないものを中に入れることで、

荷物が水で濡れることを防ぐこともできます。

よくビニール袋やジップロックを使用する例もありますが、

ビニール袋などは破れたり、穴が空いてしまう危険が伴います。

一方、ドライバッグはアウトドアやマリンスポーツでの使用を目的としているため、

耐久性も高い物場合が多いです。

ドライバッグは外での使用を念頭に置いたアイテムなのです。

ダイソー「ドライバッグ」のスペック

ダイソーには15Lと3Lの2種類のドライバッグがあります。

注意点としてどちらもダイソー商品ではありますが、100円商品ではありません。

3Lが200円商品、15Lが500円商品になります。

それでも他社のドライバッグと比べたら破格の安さの商品です。

レジャー用防水バッグ(3L)【公式】DAISO(ダイソー)ネットストア

レジャー用防水バッグ(15L、ストラップ付)

ドライバッグの防水機能

こちらの防水機能はIPX6相当の防水機能が備わっています。

IPXとは防水等級を表すもので、数値が大きければ防水性が高いことを意味します。

IPX6はどのくらいのものかというと

「製品に対するあらゆる方向からの暴噴水に対して保護されている」というものです。

IPX7以上は水中であること前提の防水性になることから、雨風に吹かれても

水につかる状態が長時間でない限り十分な防水性があると思われます。

日常生活において外に置いていても問題ない物です。

製品外部からの有害な影響を伴う水の侵入に対する保護等級

0 無保護。

1 製品上部から垂直に滴下する水に対して保護されている。

2 製品を15度傾けた状態で施品上部から垂直に滴下する水に対し保護されている。

3 製品上部から両側に60度までの角度で噴霧された水に対して保護されている。

4 製品に対するあらゆる方向からの水の飛まつに対して保護されている。

5 製品に対するあらゆる方向からの噴流水(12.5ℓ/min)に対して保護されている。

6 製品に対するあらゆる方向からの暴噴水(100ℓ/min)に対して保護されている。

7 水に浸しても影響がないように保護されている。製品を水中で使用するもの。

8 潜水状態での使用に対して保護されている。7より厳しい条件の中で使用するもの(試験環境は協議により決定します)

IP防水試験、IP防塵・耐塵試験 - 一般財団法人 日本品質保証機構

ドライバッグの使い方

くちの止め方

ジッパーはありません。どちらも口を折りたたんで止めるタイプです。

袋に荷物を入れて、口を3回折り返します。

左右のバックルを止めれば雨や水しぶきがかかっても、

中のものを濡らさずに持ち運べます。

逆に濡れたものを中に入れれば水がしみずに持ち運べます。

付属ストラップとバックルの使い方

15Lのバッグには付属のストラップがついています。

ストラップはバックルの両側についているDカンや、バッグ背面の

Dカンに装着して使えます。

3Lのバッグにも小さなカラビナがついています。

リング状のものに装着したり、バッグ同士をつなげて使うこともできます。

このように適当な柵などに引っ掛けて吊るすこともできます。

家での使用例

キャンプやレジャーに使うことが多く紹介されているドライバッグですが、

我が家では、ベランダで使用する物を入れておくバッグとして使っています。

3Lには下画像にあるダイソー商品の「撥水ウェザードクロス」を入れています。

日差しが強い時にはすぐにベランダに掛けられるようにしています。

15Lにはヨガマットやタオル類を入れており、ベランダでも遊んだり

作業できるようにしています。

意外と家に置いておくとかさばるので、ベランダにまとめて置いておけば

すぐに取り出せるし、家のスペースも使わなくて一石二鳥です。

使用して1ヶ月くらいしましたが、外に出したままにしていても

水漏れや中に侵食することもなく問題なく使用する事が出来ています。

まとめ

雨対策として外で使う物をまとめたりすることもできるうえ、

ジップロックでは入らないようなものや重い物でも安心して入れておけます。

商品のクオリティーは高いので、レジャーだけでなく

日用品として使用してみてはいかがでしょうか。

トイレ掃除用品の切り替えと再配置をしました

掃除用品って一度ある程度慣れてしまうとあまり変えたりすることが

ありませんよね。

今回はたまたま使用品の変更があったのと、

ついでに掃除用品の置き場所をもう一度検討してみました。

なにか参考になればうれしいです。

トイレ掃除使用品の切り替え

これまでは流せるトイレクリーナーを使用して掃除をしていました。

クイックル トイレクイックル トイレ用そうじシート 容器 10枚入 ミント

クイックル トイレクイックル トイレ用そうじシート 容器 10枚入 ミント

使用するのが常だったので、最近まで全然気にしてなかったのですが、

トイレクリーナーの量がだんだんと枚数が減っていくと、

ちょっとした汚れでは使いたくないなーとか考えるようになっていました。

コスト的にトイレクリーナーはちょっと高いかもという意識が芽生えてきたのが

きっかけかもしれません。

そこでファンスの除菌トイレアルコールクリーナーに切り替えることにしました。

ファンスの除菌トイレアルコールクリーナーについて

このアルコールクリーナーにした理由は

近くのドラッグストアに売っていたのが一番の理由かもしれません。

基本はネットで購入していますが、急に必要になった時のために

保険をかけるようにしています。

商品自体の特徴を簡単にまとめました。

・柑橘系の匂いのためアンモニア臭を中和する

・トイレで使用できない場所がほぼない

・液タイプなのでふき取りやすい

詳しくはリンクをみて参考にしてみてください。

除菌トイレアルコールクリーナーに変更した理由

1使用量をきにしたくない

トイレットペーパーに吹き付けて使用するので、使用量が把握しやすく、

無駄に使いすぎていないか考えなくなりました。

2匂いがきつすぎない

私の場合は使用する際に香料の匂いが強いとすこし気分が悪くなります。

トイレは密室なので、匂いもこもりがちなので、あまり不快にならないような

薄めの匂いであり、清涼感のある香りを求めていました。

こちらは柑橘系の匂いでそこまできつい匂いのでもないので、高ポイントです。

3すぐに使える

トイレットペーパーに吹き付けるだけなので、簡単に汚れた所を拭けます。

トイレ用品の再配置

除菌トイレアルコールクリーナーに切り替わったことで、

今までのモノの位置も最適化できるように場所を変えてみました。

1 予備のトイレットペーパー置き場所変更

ファイルボックスに入っていたトイレットペーパーを床に置くようにしました。

2 トイレ用のゴミ箱を廃止

トイレ用ゴミ箱をなくして洗面所にあるゴミ箱と兼用にしました。

(一応小さいサニタリーボックスは置いてあります。)

ゴミ箱をなくしたことでトイレットペーパー用のファイルボックス

床に置くことができました。

3フックで便座カバー入れを設置

壁にフックを取り付けて、クリアなバックをかけ、

そこに未使用の便座カバーを入れるようにしました。

壁の隙間に入れたことで場所も取らず目立たない場所に置けるようになりました。

4トイレクリーナー用のケースを撤去

無印のウェットティッシュケースを使用していましたが

トイレクリーナー自体が必要なくなったので破棄しました。

5除菌クリーナーの容器を変更

100円ショップダイソーに売っている「ワンプッシュボトル」に変更しました。

その場で液体を押し出せるようになったことで、

トイレットペーパーの近くに置けるようになり、

クリーナー容器の時よりもアクション数が一つ減ったことで、

使い勝手がよくなりました。

6 使用する物を一つの棚に集中させる

ほとんどのものを便器の上にある棚付近に集約することで

棚の空きスペースを作ることができました。

タオル掛けの上に空スペースができたことで、ファイルボックス

入りきらなかった予備のトイレットペーパーを置くことができるようになりました。

まとめ

久しぶりに日頃使用していたものを切り替えたことで、

トイレ掃除のしやすさを考えながら模様替えすることができました。

ある程度形が出来上がってしまうと見直しすることは中々しないので、

こういうきっかけが大事だったりします。

置き方や作業方法がなにかの参考になりましたら幸いです。

 

【簡単】狭い玄関を粘着フロアマットで明るい床にリメイク

我が家の玄関はスペースも狭く、日当たりもよくないので、常に暗い状態です。

そこで、少しでも明るい雰囲気にしようと思い、

玄関のフロアをダークブラウンの床からホワイト系の粘着フロアマットを使うことで

明るめの色に変えてみることにしました。

準備する物

粘着フロアマット 11枚

マスキングテープ

フロアマットはセリアさんのものを使用しています。

最初は近くにあるダイソーさんでフロアマットを見つけていたんですが、

ホワイト系のフロアマットが枚数分揃えられませんでした。

セリアさんにこちらのホワイト系(グレーに近い)のフロアマットが

大量にあったので、こちらを購入してきました。

意外と白いフロアマットは種類が少ないなと感じました。

作業工程

1マスキングテープをはる

まずは元の玄関の床にマスキングテープを貼っていきます。

面積が広いので、幅広のマスキングテープを使用しています。

途中で色が変わっているのは、使用していたマスキングテープが切れたので、

家にあった使いかけのマスキングテープを使用したためです。

(最終的には上に貼り付けるだけなので、色がバラバラでも問題ないです。)

2フロアマットをはりつける

そのうえにフロアマットを貼り付けるだけです。

角部はカッターなどでうまく切ってそろえてください。

その際に長さをはかるよりも台紙を作ってしまう方が簡単です。

やり方は手ごろな紙や新聞紙などを使用して角になる部分に貼り合わせます。

あとはこの台紙をフロアマットに合わせて、台紙の角スペース切り抜いていけば

簡単に揃えられます。

多少の微調整は必要になりますが、それでも長さを測ってきるよりも

簡単に切り抜けます 。

全て貼り終えた状態がこちらです。

まとめ

左が作業前で右が作業後です。

床全体が白色になったことで、光の反射率が上がり、明るい印象になりました。

壁も白に近い色なので、全体的にもまとまりがあり、

ちょっとだけ前よりも床が広くなったように見える気がします。

 

 

【簡単】100均だけで簡単に作れるウォールラック

狭い部屋だと飾りりたくてもスペースが限られて好きにはなかなかできない場合があり

ますよね。私の場合はコレクショングッズをきれいに並べたくても場所が場所がなくて

困っていたのですが、壁面収納ならば物もかさばらずにおけることにきづきました。

特に階段などの日頃あまり使用しないような場所であればウォールラックを作っても

邪魔にならないかなと考えました。

今回は無印良品の壁につけられる家具などは使わずに100円ショップのものだけで

ウォールラックを作ってみました。よかったら参考にしてください。

100均自作ウォールラック準備する物

・壁面にしっかり固定ピンフック 2個 

・アイアンハンドル 2個

・アイアンブラケット2個

・アイアンウォールバー 2個 

・ヒノキの板 45㎝×7㎝ 2個 

・マスキングテープ 黒

ヒノキの板と壁面にしっかり固定ピンフックはダイソーさん。

他のアイアンシリーズとマスキングテープはセリアさんで購入しました。

今回の作成に一番重要なものをまず紹介したいと思います。

壁面にしっかり固定ピンフック

画びょうでは支えきれない重いものを壁に取り付けたい時に使える

「壁面にしっかり固定ピンフック」です。

2個入りで最大5キロまで支えることができるのでこれを

アイアンブラケットと一緒に差し込んで使えば合計10キロまでは

重量的には問題なくなるはずです。

仕組みとしてはピースの穴に釘を差し込み、コインなどで押し込んでいきます。

穴はそれぞれ異なる方向に走っており、かかる力が分散され

耐荷重がアップするようです。

抜きあとが目立たないのもポイントです。

目立たないといっても普通の画びょう穴3個ぶんはあいてしまいますが、

ねじ式のものと比べれば補修も簡単です。

これなら賃貸住宅でも取り入れられるレベルだと思いえました。

この壁面にしっかり固定ピンフックを使用してウォールラックを制作してみました。

自作ウォールラック作業工程

ヒノキ板の塗装

天気のいい日を見計らって久しぶりに木材を白く塗装しました。

ちなみにこの塗装用具と白のペイントもダイソーさんで購入したものです。

最近の100円ショップは本当に何でもありますね。

3回くらい重ね塗りしたらだんだんと白く塗り上げることができました。

落下防止用にアイアンハンドル+ウォールバーの取り付け

サイドの落下防止用にアイアンハンドルを板の左右に取り付けます。

取り付けの際にアイアンハンドルのネジ穴を使って2枚の板をつなぎ合わせます。

このままだと前面にストッパーがないので、落下する危険があるので、

アイアンウォールバーを取り付けます。

そのまえにアイアンウォールバーの色合いをブラックにしたいので

黒のマスキングテープを貼り付けます。

表面に張り付け終わったら、ウォールラックの前面部に取り付けます。

裏側むけてアイアンブラケットをつけます。

こちらも2枚の板がズレないように気を付けてネジ止めしていきます。

これでウォールラック完成です。

階段への取り付け作業

壁面にしっかり固定ピンフックのフック部分を外します。

カッターで斜めに押し当てれば外れます。

ピン部分だけを取り付けて3本のピンを入れていきます。

全部で4ヶ所にピンをいれたら完成です。

これで終わりでもいいんですが、白いピンカバーだとちょっと

目立つかなと思ったんで、黒マスキングテープで白カバーから黒カバーにしました。

ピンカバーを取り付け直したら完成です。

まとめ

家の白壁と同色にしたことでウォールラックがうまく溶け込めたかなと

思います。

所要時間は塗装時間があるので、時間がかかりましたが、

塗装作業をマスキングテープなどに置き換えて組み立てるようにすれば

約1時間くらいで完成できると思います。

耐久度に関しては設置してから地震が起きていないので、

どれくらいの耐震強度があるのかは未知数ですが、

すくなくとも自然に落ちるような様子は見受けられません。

制作費用も今回使用した物を全ていれても1500円以内で作ることができました。

既製品のウォールバーだと倍以上の値段がかかるので、

だいぶコスパ的にはいいんじゃないかなと思います。

 

【簡単】キッチンにキッチン置きを設置

我が家では食器を拭く布巾以外に掃除用の布が2枚あり、

これがいつもコンロわきに置かれている状態でした。

常にコンロわきに置かれているのも見栄えが悪いかなと思ったので、

二つのフキンをコンロ近くで指定位置新しく作ることにしました。

簡単フキン置きの作り方

準備する物

ネオジム磁石(小)

・マグネットタオルハンガー 2つ

どちらもダイソーで購入。

作業工程

まずフキンかけ設置部にネオジム磁石を取り付けます。

一応フキンかけにも備え付けの磁石が入っていたので、最初は着けてみたのですが、

磁石が弱いし、シール部分の粘着が弱すぎて一日で落下してしまいました。

そこでじかにネオジム磁石を取り付けて、台所の備え付け棚の下に

ぶら下げられるようにタオルハンガー設置しました。

使用したタオルハンガーはTOWER風の白いマグネットタオルハンガーです。

そしてもう一つは食洗器横にある断熱板スペースを使ってとり付けました。

こちらもネオジム磁石で取り付けています。

完成図がこちらです。これでしばらく使用していきたいと思います。

まとめ

一週間くらい2つのふきん台を使ってみましたが、

落下することなく使用する事が出来ています。

フキンが直置きにならなくなったので、衛生的だし見栄えもよくなりました。

ちなみに接着したネオジム磁石が動くのがいやならばテープで固定すれば

少しは動かなくなります。(多少磁力が落ちるかもしれませんが)

簡単にマグネットで取り付けられるので、キッチン以外の場所でも

活用できる方法があるかもしれません。参考になりましたら幸いです。

【簡単】カーテンボックスを100均アイテムでDIY 

オシャレな部屋がいいなーと思っていても我が家は賃貸なので、

できることにも限界があります。

そこで、今回はカーテンレールを隠すカーテンボックスを作ってみることにしました。

装飾レールやブラインドをつけるより

はるかにカーテンボックスを作る方が簡単につくれます。

今あるカーテンレールに乗せるだけで意外と印象が変わるかも!?

よくある賃貸カーテンレール

賃貸のカーテンレールはたいがい無機質な銀色のレールが備え付けてあったりします。

暮らしていく中で必要な機能なので、あると便利ではありますが、

なにをやってもどこか安っぽく見えてしまうのが

賃貸によくあるアルミレールの良くないところです。

カーテンボックスのメリット

・ホコリ防止

カーテンレールの上は意外とホコリがたまりやすいので、レールのような形状だと掃除の際にとりにくいですが、
ボックスにしてしまえばさっとひと拭きでホコリ簡単にとることができます。

・遮光性能の向上

レールよりもしっかり壁に這わせてボックスをつけるので、光が隙間から入るのを

防ぐ効果が向上します。

簡単カーテンボックスの作り方

<準備する物>

プラダ

・マスキングテープ

・リメイクシート

こちらすべて100円ショップで揃います。

今回はプラダンはダイソーさん、リメイクシートはキャンドゥさん、

マスキングテープは自前で行っています。

<作業工程>
まずカーテンレールのサイズを測ります。

次に測ったサイズに合わせてプラダンの長さを切っていきます。

※100均のものだと1枚では長さが足りないので、2枚をつなぎ合わせ作りましょう。

側部や正面部をマスキングテープでくっつけていきます。

くっつけて形ができたのが、こちら

裏側がこちら

けっこう雑にはっています。

最後に表面だけリメイクシートを貼って完成です。

(下から覗き込まれない限り裏面は見られないと判断し、裏面は貼っていません。)

完成したボックスをレールの上に置けばそれで完成です。

ビフォーアフター

左画像が付ける前で右画像がボックスをつけたあとになります。

壁の色と近い色にしたことでレール部が隠れた際により統一感が出るようになりました。

まとめと反省点

作ってわかったことですが、リメイクシートを使用する場合は

マスキングテープもきれいにはったほうがいいです。

今回は雑にマスキングテープをはりつけてつくってしまったために仕上がりがあまりよ

くありませんでした。

それと、白いカーテンボックスを作りたい場合はダンプラも白、

マスキングテープも白にした方がいいです。

リメイクシートを貼り付けても白色はけっこう透けているので、下地の色も

見えてしまうため色合いに違いができてしまいます。