まかないのブログ

賃貸でもオシャレで快適生活を目指しています

SNSフリーオプション付き格安SIM2社「LINE モバイル」「DMMモバイル」+個人的おすすめ「楽天モバイル」について

2015年5月から、SIMロックの解除が義務化されてからだいぶたちますが、

その間に格安SIMを使う人もすこしづつ増えてきています。

大手キャリアから格安SIMに切り替えるだけでかなりの節約に

なりますので、まだ大手キャリアを使っている方は変えて

みてはいかがでしょうか?

今回は安くておすすめできる3社を紹介してみたいと思います。

格安SIMとはなにか?

格安SIMは、わかりやすく言うと、

ドコモ、auソフトバンクなどの大手通信会社とは異なり、

新しく参入したIT企業などが大手キャリアから間借りした

回線を使用し、安く提供しているSIMのことです。

大手キャリア3社と比べて、どのくらい安いの?

大手3社のスマホ月額平均料金は、7,187円。

それに対し、格安SIMは通話付きSIMの場合安ければ

1500円くらいから提供するプランもあります。

データSIMだけの使用だと500円くらいからの格安なプランもあります。

デメリットはあるのか?

回線が大手キャリアよりもよわいのではないか?

まず、大手から間借りしているからといって、

回線速度がいきなりガタ落ちするようなことはありません。

ただ、使用する人が増える時間帯、お昼や夕方あたりは回線が混みあうので、

通信スピードが落ちてしまうことはありますが、

日常生活に支障が出るほどではありません。

通話料が高いのではないのか?

格安SIMでは大手キャリアが提供している「通話し放題プラン」がありません。

格安SIMの場合は通常30秒20円という料金になっているので、少し割高になります。

しかし、オプションで5分から10分通話までなら通話料がかからないようにすること

もできるので、長電話しない限りは格安SIMでも十分対応できます。

LINE通話へ切り替えるなどアプリを使用することで通話することも増えているので、

身近な人と長電話するならアプリに切り替えている場合が多いことから、

5分から10分あれば用事を済ませられる電話がメインなので、

問題ないという考えかたで使う方もいます。

仕事でどうしても長電話をかける機会が多いというのであれば

通話定額プランは魅力的ですが、そこまで電話をかけることがない人には

格安SIMはお得なものです。

おすすめ格安SIM

だいたい平均的なスマホユーザーのデータ使用量は、2GB~3GB前後らしいのですが、

それくらいならどの格安SIMを使っても大体3000円くらいで使用です。

そのなかでも各社で特徴を出しながら販売を伸ばしています。

そのなかでも魅力的な内容をもつ個人的におすすめする3つの会社を

紹介したいと思います。

 

LINEモバイル

 LINEが提供する格安SIMです。特徴はデータフリープランです。

データフリープランとはLINEアプリなど指定されたアプリならば

どんなに使用してもデータ通信料がかかないというプランです。

LINEの会社が提供しているので、LINEが通信量がかかりません。

ですのでトークはもちろん、通話やビデオ電話でもかかりません。

他にもインスタグラム、TwitterfacebookなどのSNSも通信量がかからなくなる

「コミニケーションフリー」プランもあります。

料金表はこちら

f:id:makanai55:20190323025310j:image

料金はコミニケーションフリーの音声通話SIM3ギガで1690円。

そこに10分かけ放題プラン880円をオプションで組み合わせても

およそ2500円で使用できます。

ライン含めたSNSアプリの通信量をフリーにしたのがなによりも魅力ですね。

そしてLINEのID検索を使えるのはこのLINEモバイルだけなのもポイントが高いです。

他のSNSフリープランでもLIENは使えるのですが、

ID検索ができないのでLINEモバイルさんが個人的にはおすすめです

※1Gプランの音声通話SIMの場合はLINEのみ適応になります。

LINEモバイルの申し込みはこちら→LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

 

DMMモバイル

f:id:makanai55:20190322124358p:plain

こちらは格安SIMのなかでも一番安いのが特徴です。

そしてプランにも、さきほどのLINEモバイルと同じく

LINE、インスタグラム、Twitterfacebook、Messengerのアプリが通信量をきにせず

つかい放題にできる「SNSフリーオプション」があります。

さきほどのLINEモバイルよりもmessengerがついているので

このアプリを使っているならば更にお得です。

ただ、3Gプラン以上でないと、SNSフリーオプションはつかないので注意が

必要です

オプション価格月額250円で使用することができます。

料金表はこちらです

f:id:makanai55:20190323025538j:image

3Gプランの音声SIM1500円。

10分かけ放題プランが850円。

SNSフリーオプション250円

あわせると合計2600円で使用することができます。

楽天モバイル

楽天が提供する楽天モバイル

通常の料金表はこちらです

f:id:makanai55:20190323045306j:image

金額は他2社とさほど大きくかわりませんが、

こちらはSNSがフリーではないので、

個人的におすすめするシムとして紹介しています

(2018年まではLINEがフリーで使えるプランがありましたが

現在では廃止しています。)

ただ、SNSフリーはなくてもお得なプランが楽天にはあります

まず楽天ではスーパーホーダイプランというのがあります。

料金表はこちら

f:id:makanai55:20190323050549j:image

f:id:makanai55:20190323050555j:image

f:id:makanai55:20190323050606j:image

f:id:makanai55:20190323050610j:image

これは契約年数を1年、2年、3年で選べ、

契約年数が長いいとその分料金が安くなるという制度です

楽天会員ランクによって料金値引が行われるので、ダイヤモンドランク以上であれば、安い金額で使用することができます。

ぱっとみると、大手キャリアの2年縛りと同じように聞こえますが、

大きな違いは最低利用期間をすぎればいつでも解約金は0円なので

解約のタイミングを計る必要がないことです。

そして楽天モバイルの最大の特徴は楽天ポイントが使用できることです。

楽天モバイル通話SIMプランのみ対応ですが、

楽天市場のお買い物がいつでもポイント+2倍になります。

スマホの月々の料金でも楽天ポイントがたまります。

更に、たまったポイントは楽天モバイルの月々料金にポイントを

使うことができたり、楽天モバイルの端末購入に使用できます。

楽天ユーザーならかなりお得なシステムです。

楽天モバイルの申し込みはこちら→楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

ちなみに楽天モバイルは2019年9月から

大手キャリアになろうとしている会社なので、

その時がきたら、間借りしているドコモ、AU回線ではなく、

独自回線へ切り替えていく予定です。

今後は回線速度の速さがどうなるかが懸念されるところです