まかないのブログ

賃貸でもオシャレで快適生活を目指しています

朝の歯磨き・マウスウォッシュの代わりに「重曹うがい」がおすすめ

「重曹うがい」ってきいたことありますか?

お料理やお掃除で大活躍の重曹ですが、

実はその重曹がオーラルケアでも大活躍なのをご存じでしょうか?

重曹を水に溶かしてうがいするだけでお口のトラブルを防いで

くれるとても簡単な方法です。

 

 

重曹を使うことで期待できる効果

虫歯予防効果

私たちが食べ物を食べたときに増殖するのは

主に「揮発性硫黄化合物」(きはつせいいおうかごうぶつ)といわれています。

この物質を構成するのは、硫化水素、ジメチルサルファイド、メチルメルカプタンなど

があります。これらは酸性の物質です。

食後はこの口腔内細菌が増殖し、

口の中は酸性に傾いた状態になるのですが、

アルカリ性である炭酸水素ナトリウム「重曹」でうがいをすることで

口腔内を中和することができます。

中和されることで虫歯になりにくくなるという効果が得られます。

口臭予防として重曹うがいの効果

「揮発性硫黄化合物」これが酸性の物質で口臭の原因になっています。

酸性をアルカリ性で中和することで、虫歯だけでなく口臭予防にも効果がある

ということです。

 

歯を白くする効果。しかし注意が必要

重曹は研磨剤として使用されているくらい、汚れを落とす働きが強い

ので、ホワイトニング効果も期待できます。

しかし、歯磨き粉のように歯ブラシで強くブラッシングすると

歯を傷つけてしまいます。やはり「重曹うがい」で汚れをとるのが

良さそうです。 

重曹うがいの方法

重曹水の作り方とうがいの仕方

1 コップ一杯分の水を用意します。

(およそ200mlくらい)

 

f:id:makanai55:20190302201347j:image

2 計量スプーン小さじ半分程度の重曹をとり、

水に入れます。

f:id:makanai55:20190302201523j:image

3 重曹がよく混ざるまで、混ぜたら完成です。

f:id:makanai55:20190302201536j:image

4 完成したら、

軽く口に含んでだいたい30秒程度うがいをしてください。

重曹うがいで注意すること

重曹水に使う重曹は必ず調理用の重曹を使用する。

f:id:makanai55:20190302201554j:image

なぜそれ以外の重曹はだめなのか??

調理以外に使用する重曹だと、口に含むことを想定していないので

重曹の中に入っている不純物の量が違います。

掃除用重曹は製造する過程のなかに

「不純物を含まない」という規定がないので、

調理用よりも管理があまくなるからです。

また、業者によっては重曹の中に洗浄力をアップさせようと

界面活性剤をふくませていることもあったりするので、

安全性を考慮すると、調理用を選ぶべきです。


飲み込まないように注意する

調理用の重曹を使っていれば誤って飲み込んでも身体に害はありません。

しかし、炭酸水素ナトリウムという名前のとおり、

重曹は塩分であるナトリウムですから、過剰摂取になる危険があります。

高血圧な人は特に、塩分の取りすぎは血管などに影響があることを考えると、

飲み込まずに、必ず吐き出すようにしましょう。

濃度や分量に注意

効果を求めようと、重曹濃度を高めてしまうと、塩分の過剰摂取から

身体に影響を与えてしまうので、適切な分量を守りましょう。

塩分制限がある方は週2回程度でも効果が期待できます。

まとめ

自宅にある重曹で簡単に作れて手軽に行え、

効果も期待できる非常におすすめなオーラルケアグッズです。

朝の忙しい時間でも簡単にできるのでぜひお試しください。