まかないブログ

オシャレで快適生活を目指します

「ゆったりと過ごす」に最適な「シガーロス」

シガーロスの魅力の一つであるボーカル・「ヨンシー」の透明度の高い歌声が

ほんと癒されます。

ただ、なにをいってるかぜんぜんわからないんですけど。

シガーロスの歌詞は基本アイスランド語+造語でできているため)

f:id:makanai55:20180826002213j:plain

 

 

シガーロスを知ったきっかけ

レンタルショップで紹介されていた棚に置かれていたシガーロスのポップをみて

アンビエントサウンド」というのが気になって手に取ったのが最初の出会いだったとおもいます。

おすすめするのはその時手にとった「takk」です。

 ほかのアルバムも素敵ですが

私としてはこのアルバムが初めてシガーロスに触れて

好きになったものなので、紹介してみたいと思いました。  


Sigur Ros - Takk -

感想

 つかみとしての最初の曲 「takk」でもっていかれてしまいました。

なんだか懐かしいようなきらきらとした

優しい光りを感じるような曲・・・

すぐにこのアルバムが「アタリ」だと思えました。

そして流れるように

次の曲「glosoli」に入ると

ボーカルのヨンシーの声がふりそそぎ、さらに美しい世界を彩ります。

目を閉じれば 別の世界が感じられるほどに、

耳から違う世界の情報が流れ込み頭に映像を映しだしてくれます。

とても美しく優しい、でもどこか懐かしい・・・

表現するとそんな言葉が頭に浮かぶような世界です。

ユーチューブの動画でPVが配信されているものも

素晴らしいのですが

まずは自分の耳でアルバムトータルでその世界を想像してほしいです。

シガーロスのアルバムでも

このアルバムは特に世界観が一貫して完結している

コンセプトアルバムだと思います。

シガーロスの優しく穏やかな世界の音は

日常の何気ない時間・場所を優しい気持ちへと

切り替えてくれるはずです。