まかないブログ

オシャレで快適生活を目指します

片付け上手になるために押さえるべき3つの基本

家が散らかった状態だと気分も空間も沈みがちになります。

片づけが苦手で、いつも途中であきらめて続けられない理由は

片付けをしっかり理解していないからかもしれません。

まず片付けというのはなんなのか基本の3つをおさえられれば

きっと以前よりもお部屋が片付けられるようになれるはずです。

 

1整理整頓

よく片づけに大事なのは「整理整頓」と言いますが、

まずはそこからは話していきましょう。

整理整頓とはなんなのか

モノを減らすのが整理で、使いやすいように配置するのが整頓です。

これを理解していないと物の移動だけになったり、途中で

訳が分からなくなりやめてしまうという原因になります。

まず整理で不要な物を取り除き、

次に残った物の置き場を決めていくのが正しい方法です。

片づけをすることで

必要な物を必要なときに取り出せ、

快適に生活できるようになることでなにが家に必要で必要でないのか

確認することができます。

f:id:makanai55:20161218160154j:plain

2片付けの流れ4ステップ

いざ片付けを始めても手順がわからず、時間ばかりかかってしまう。

そうすると片付けに苦手意識がついて更にやらなくなってしまうという

悪循環に陥ってしまいます。

まずは片付けるときの正しい流れを覚えておきましょう。

基本動作を順を追って正しく行えば、スムーズに運ぶはず。

まずはこの基本動作を身につけましょう。

基本動作

①外に出す

 片付ける場所を決めたら中にある物全てを外に出します。

 タンスなら全体ではなく引き出し一つ分を1つと決めて

 その引き出し分の衣類は全てだしましょう。

②分ける

 出した物を眺めて、「1年以上着なかった物は不要」という

 自分の基準をきめて、一つづつ見ていきましょう。ここで

 いるものといらないものでわけます。

③減らす

 分けるところでいらない物を減らします。このステップまできて

 不要に鳴った物は思いきって手放しましょう。

 捨てる以外にも他の人にあげたり、寄付などと方法はあるので

 ものによって考えてみてください。

 ※「分ける」「減らす」の作業がしっかりできていないと

 収納スペースに無理矢理詰め込むことになってしまうので注意です。

f:id:makanai55:20190108001616p:plain

 

④しまう

 「いるもの」に仕分けたものを戻します。しまう場所を考え出すと

 時間がかかり作業が遅れるのでここは元の場所に戻しましょう。
この4つの動作を1サイクルとして一カ所ずつサイクルを回していけば

自然に片付けが上手になっていくはずです。

f:id:makanai55:20181103162656p:plain

3しっかりとした捨てる基準をもつ。

なにを捨て、なにを残すかの判断は多くの人が迷うところです。

物を捨てるのは片付けの核です。「過去使ったかどうか」など

捨てる基準をつくり、ひとつづつ照らし合わせて行きましょう。

捨てる基準は「いつか使う」ではなく「1年以内に使う」など

期限を決めたり、「何かに使う」ではなく具体的に「○○に使う」

といった使い道を明確にするのがコツです。

もし判断がつかない場合は一時保管もありですが、

一度思いきって捨ててみるのも必要です。

一度こういった踏み込んだ行動がとれれば二回目からは

捨てるハードルが下がっているでしょう。

f:id:makanai55:20180906005737p:plain
いかがだったでしょうか?

意外と片付けというものにたいして

しっかりと意識して取り組むということは

少なかったのではないでしょうか?

この3つの基本をおさえて

さらに片付けがしやすくなってくれるのを願います。