まかないのブログ

賃貸でもオシャレで快適生活を目指しています

シンプルな暮らしをするには 「捨てる基準」を作ろう

片付けても、すぐに部屋が散らかってしまう・・・。

その原因は「使うかもしれない」と残している不要品です。

「高額だったから。」とか「もったいないから」といった理由で

捨てられないものは気がつかないうちにどんどん溜まっていきます。

物は持ち続けるだけでも必ず劣化していきます。

それに手放すことで、もっと新しくて良いものに

出会えるかもしれません。 

 

使えるものは使い、捨てどきのモノは手放す

新しいものを取り入れて居心地のいい空間を作っていきましょう
1個でも不要なものを捨てることを、習慣化するだけで、

無理なく片付けやすい部屋にできます。

大事なのは、「捨てる基準」を決めておくことです。

f:id:makanai55:20181103162656p:image

 

捨てる基準リスト 

 

服 ・バッグ・靴・アクセサリー類の捨てる基準

・「痩せたら」、「また流行ったらなど・・・」

くるかどうかもわからない「いつか」を待っている物

・買ったがきていないもの

・1年以上身につけていないもの

・好みが変わってきなくなったもの

・着心地がよくないもの

・他の服と合わせずらいもの

・どの服のものなのか不明の予備のボタン

 

空き箱・空き缶・紙袋 ・かご類の捨てる基準

・今すぐにぱっと使い道が思いつかないもの

・持ちすぎて場所を占領しているもの

 

本・DVD/BDの捨てる基準

・見返すことがなさそうなもの

・情報が古いもの

・これからの自分に役に立たないもの

 

カードの捨てる基準

・最近行かなくなったお店のポイントカード

・1年以上使っていないクレジットカード

・1年以上連絡の取り合っていない名刺

 

化粧品の捨てる基準

・開封して1年以上経っている

・未開封でも3年以上たっている

・いつからあるのか分からない試供品

その他の捨てる基準

期限のきれたもの

例 薬、食品、古いレシシート、メンテナンスグッズなど

 

壊れて使えないもの

欠けた食器

揃っていない、1個しかない食器

切れないハサミ

調子の悪い家電

 

必要以上にものがある

同じ用途のキッチンツール

同じ調味料

ストローや割り箸

予備の布団

多量のビニール傘

同種類のペン

 

まとめ

 いろいろあげてみましたが少しくらい思い当たる物がありませんでしたか?

他にも押し入れやクローゼットの中に、入れっぱなしで

なにを入れたのか忘れているものはなどありませんか?

モノが多すぎて、使う機会をなくしているモノがあるかもしれません。

一度 全て確認できるように一旦全部出して、必要なモノだけを選んでみましょう。

それだけで収納スペースの使い勝手がよくなります。

f:id:makanai55:20181103162719p:image