まかないのきままにインテリア

インテリアの簡単なリメイクや商品の感想をかいてます

ものを自然に減らせる9つの習慣

生活をしていると、

いつのまにか使っていないものや

いらないものがあふれてることって

よくありますよね?

f:id:makanai55:20180906010053p:plain

この習慣をみにつけると

必要以上にものが増えず

モノが減って自然と片付けやすい

部屋に変わっていきます。

ぜひ実践してみてください。

 

1.保存用の物は買わない


今使っている物の保存用として

購入している物はありませんか?


保存用を購入すると、同じ物が2つになり、

部屋の中が物であふれやすくなります。


保存用で購入してたものは、

決して使うことはありません。


それどころか

いつの間にか存在を忘れてしまうことも。


使わない物を保存していても

収納スペースが無駄になってしまいます。

 


2.絶対に買わない物を決める

どれだけ安く売り出していても絶対に買わない!

と断言できる物を決めてください。


本当に今必要な物だけ買うためにも、

絶対に買わない物を決めることも大切です。

もし買いそうになったら、


「今本当に必要な物なのか」

「買って自分はどうしたいのか」


一度冷静に考えるために

その場を見送って

気持ちを落ち着かせてから

判断してみましょう。

 

3.1つ買ったら1つ捨てる

物を増やさないためにも、

「新しい物」を購入したら

「古い物」を捨てていきましょう。


購入した物が2つの場合、

2つ古い物を捨てる習慣にすれば

物が増える心配もありません。



新しい物を購入したら

古い物を捨てることさえ守っておけば、

キレイな部屋が維持できるはず。

f:id:makanai55:20180906005831p:plain

4.試供品はすぐに使う

試供品はいつの間にか

増えてしまう物の一つではないでしょうか

優先順位を高くして、

すぐに無くしてしまいましょう。

 

5.ストックしておく数を決めておく

買い物の際にストック品を

大量に買い物して

しまう場所に収まらないっ・・・

こういうことってよくあります。

ストック品は

必要数をあらかじめ決めておきましょう。

 

6.使いみちのない空き箱や缶は捨てる。

なにかに使えそうという理由だけで

空き箱や缶は捨ててしまいましょう。

たとえ必要になった時でも

デザイン、大きさが

必ず適合するとは限らないので、

結局、新しく購入することになってしまう

こともあります。

 

7.定期的に「いる」、「いらない」を判断する。


定期的にものを判断することで自分に合わないものや

愛着がわかないものがでてきたりします。

その瞬間は気に入っていても

時間が経つことで興味が薄れてしまうことや

必要にならなくなることはよくあることです。

合わないものはいらないと判断していきましょう。

そして、その日のうちに捨てましょう。

いらないものを長い間おいてあると

スペースの無駄というのも

ありますが、

判断したものがしばらく置かれていると

気持ちがゆらいでしまう危険もあるからです。

f:id:makanai55:20180906005737p:plain

8.空いたスペースを埋めようとしない

断捨離をおこなったり、生活用品の整理を

することで、空きスペースができると思います。

空きスペースがあることで掃除が

しやすくなったりしていることもあるので

 

 

9.物の定位置を決めておく

定位置が定まっていれば

モノが散乱することが防げますね。

あとは使ったら戻す習慣をとりいれましょう。

 

 

スポンサードリンク