まかないのブログ

賃貸でもオシャレで快適生活を目指しています

100円ショップのコンタクトレンズケースを 単3乾電池ケースにリメイク

予備の乾電池を持ち歩くのに乾電池ケースがあったりすると便利ですよね。

ちょっとした物なので100円ショップで手に入れられるかなと思って

近くのダイソーにいってみたんですが、単3サイズで10個以上入る大型ケースは

売ってるんですが、4個くらい入る小型ケースはありませんでした。

そこで、ちょうどいい物はないかお店を見て回っていたらこんなものを発見しました。

 

f:id:makanai55:20180201205217j:plain

コンタクトケースをリメイク

こちらはダイソーで売っていたコンタクトレンズケースです。

形をみた限りでは単3サイズだったら4個くらいは入る大きさにみえました。
厚みも単3電池に納まるサイズ感でまさに「求めていたものだっ!」と購入しました。
中身をあけるとこんなかんじです。

f:id:makanai55:20180201205504j:plain

コンタクト用のもろもろのアイテムはいらないので、それらをどかしてみると

なんと、真ん中にピンセットがおける隙間にプラスチックのしきりが!!

f:id:makanai55:20180201205603j:plain

電池が4つはいるサイズなのに3つしか入らない状態です。

f:id:makanai55:20180201205639j:plain

それでもどうしても4本単3電池を入れたかったので、

プラスチックのしきりを取ることにしました。

プラスチックの仕切りを強引に外す

少し強引なやりかたですが、しきりにカッターで何度も切り込みを入れてから、

最後にしきりを押しこむことでしきりを取ることに成功しました。

f:id:makanai55:20180201205757j:plain

これで4つ入れられるようになりました。

f:id:makanai55:20180201205833j:plain

ここまで自分が求めていた

形にしてくると段々と気にならなかった

ところも気になりだしてきました。

外装をリメイクシートで変更

コンタクトケースのフタのデザインが

あまり好きではないので、リメイクシートを貼ってみました。

f:id:makanai55:20180201210104j:plain

つくってみての感想

今回は100円ショップを使って乾電池ケースにトライしてみましたが

Amazonでも乾電池ケースで検索すれば小型ケースは100円くらいで売ってます。(送料は別)

しかし自分で作ったものは市販のものととは別の愛着がわいてきます。

ありあわせのもので工夫して作ってみるのもなかなかおもしろいですよ。