まかないのきままにインテリア

インテリアの簡単なリメイクや商品の感想をかいてます

お気に入りの本はそのままで。本の断捨離はほどほどに

f:id:makanai55:20171216185504j:plain

 

本や漫画、雑誌等は買っていけば

数も増えてスペースを圧迫するように

なってきますね。

そう考えると、漫画の長編ものは

デジタル化したほうがスペースを確保できます。

雑誌も本として買うよりもアマゾンなどでも

デジタル雑誌の購読ができるので、

それらを利用する方が家の中で

本が増えることはだいぶ少なくなると思います。

 

ただ、お気に入りの本だけは

 

そののまま残しておくほうがいいです。

 

 

 

気に入った本は何度でも読みたいですし、

ある程度読みたい場所も

把握しているので、開ければそこからすぐによみだせるからです。

デジタルの良いところは場所を選ばない、

場所をとらないというところですが

すぐによみたい場所に飛べるかといえば

そういうわけでもありません。

 デジタル化するというのは保存という意味合いもあります。

デジタル書籍はリアルには存在しないので、

デジタル機器がなければ

存在を知らしてくることはありません。

こちらから迎えにいってはじめて保存された場所は

開くことができるのです。

 

本との違いはそこにあると思います。

本がそこにあるというだけで

なんとなく手を伸ばして読んでしまうことって

ありますよね?

それは本が「読んでみなよっ」て

伝えてきてるからかもしれないですよね。

好きなものがリアルにその場であって、

触れられるって

けっこう大事なことなんじゃないかなー。