読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかないのきままにインテリア

まかないが賄う簡単インテリア術とおすすめ商品

北欧インテリアを簡単に取り入れる5つのポイント      

温もりを感じさせながらも、洗練された雰囲気を演出できる北欧インテリア。

身近なアイテムを取り入れることから、北欧流の部屋作りを

楽しみましょう。

 

 

 

ポイント1  光を取り入れる

f:id:makanai55:20161106194736j:plain

冬が長く、日照時間の短い北欧では、光をとても大切にしています。

光を集めるガラス素材やキャンドル、

照明器具が豊富にあるのもそれが理由です。

暖かな光を取り入れれば、

部屋の雰囲気もくつろいだものになるはずです。

 

ポイント2  北欧らしいモチーフをひとつ入れる

f:id:makanai55:20160520004242j:plain

 スェーデンの「ダーラナホース」などの

愛らしい動物モチーフも北欧ならではのアイテムです。

他にも花や木、葉など植物をかたどった柄も多く見られます。

部屋の一角に飾っておけば、目に入るたびに和ませてくれます。

 

ポイント3  明るい色をプラスする

家を過ごす時間を心地よくする秘訣の一つが色の使い方の工夫です。

白や茶色のナチュラルな色をベースに、イエローやブルー、

グリーなどアクセントカラーを入れてみましょう。

小物やファブリックなら、ビビッドな色もトライしやすいはず。

ポイント4 ファブリックを効果的に使う

f:id:makanai55:20160524214929j:plain

北欧インテリアの決め手となるのが、

幾何学模様や自然モチーフのファブリック。

マリメッコを筆頭に、賑やかながらからシャープな柄まで

バリエーションは豊かにあります。

まずはクッションやブランケットから

取り入れてみるといいかもしれません。

ポイント5  自然素材のぬくもりを生かす

f:id:makanai55:20161129000824j:plain

木やかご、陶器といった自然素材を多用することで、

インテリアにぬくもりを演出するのも北欧流。

例えば、リビングの収納に白樺の樹皮を編んだバスケットを

使ってみるだけで北欧らしさを味わえます。