読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まかないのきままにインテリア

まかないが賄う簡単インテリア術とおすすめ商品

北欧音楽好きにはたまらないアイスランドのアーティスト・オーラヴル・アルナルズ

北欧といえば少し物悲しかったり

冷たい空気感をもった音楽が特徴的ですが

そのなかでおすすめのアーティストを紹介してみます。

 

 

名前はオーラヴル・アルナルズ(アイスランド語:Ólafur Arnalds)

アイスランドの作曲家、演奏家

ジャンルはポスト・クラシカルです。

レイキャヴィーク地方のモスフェットルスバイル(モスフェルスバイル)

に生まれました。

f:id:makanai55:20161023224857j:plain

お顔はこんな感じです。

日本語では「オラフル・アルナルズ」などとも表記されています。

彼は以前、ハードコアバンド、メタルバンドに所属し、

ファイティング・シットやセレスティンなどのドラム担当。

2004年には、ドイツのメタルバンド「ヘヴン・シャル・バーン」の

一つのイントロと二つのアウトロの作曲をしました。 

そして2007年10月、アルナルズの初のソロアルバム

「Eulogy for Evolution」が発売。

 

Eulogy for Evolution

Eulogy for Evolution

 

 

続いて2008年に、EP として「Variations of Static」が発売

 

Variations Of Static

Variations Of Static

 

同じ年にアイスランドのバンド、シガー・ロスとライブツアーに出る。

2009年4月、即興で二十四時間の内に作曲された「Found Songs」として発売。

Found Songs

Found Songs

 

 舞踏家ウェイン・マクレガーに音楽を提供し、

その曲集は2009年、「Dyad 1909」として発売。

 

Dyad 1909

Dyad 1909

 

 2010年、二枚目のアルバムとなる

「…and they have escaped the weight of darkness」を発売

 

...and They Have Escaped the Weight of Darkness (Special Edition)

...and They Have Escaped the Weight of Darkness (Special Edition)

 

このあとも精力的に活動を続けていますが

こんかいはここらへんで・・・ 

ちなみに

このアーティストさんはシガーロス繋がりで見つけました

シーガーロスしかり、北欧系に属するアーティストがもつ、雰囲気がすきで、

自分の好みにフィットする人を捜していたら

まさにこの人が、私の求めてた音でした。(・∀・)


Ólafur Arnalds - Ljósið (Official Music Video)

 

 

メタル系バンドに属していたとは思えないほど、

楽曲は繊細で美しく、それでいて儚さをもっている楽曲です

聞いているととても癒されます(*^_^*)

でも癒されるといっても、笑顔になるようなのとは違います。

イライラや疲れたとき、緊張がとけない、

ホッとしたいのに心が休めない時、

そんな時にしっかり落ち着けてくれるタイプです

ゆったりと流れる時間を作ってくれる曲は最近ずっときいています